Pimax Crystalが他のヘッドセットと異なる5つの点

Pimax Crystalは、2023年に発売されるトップVRヘッドセットの一つであり、我々はすでにCES 2023から多くの第一印象を得ている。この記事では、Crystal が他の VR ヘッドセットと異なる 5 点について説明します。
Pimax Crystalが他のヘッドセットと異なる5つの点 - Pimax

Pimax Crystalは、2023年に発売されるトップVRヘッドセットの一つであり、我々はすでにCES 2023から多くの第一印象を得ている。この記事では、Crystal が他の VR ヘッドセットと異なる 5 点について説明します。

1: クリスタルのような透明感

1.1 PPDは?

Pixels-Per-Degree(PPD)は視野角 1 度あたりの水平ピクセル数であり、ヘッドセットの解像度の程度を示します。 PPD 数値が大きいほど、表示される詳細がより細かくなり、ディスプレイでのユーザーのエクスペリエンスがより明確になります。PPD 对比图

PPDの計算方法は以下の通り:

ppd

1.2 なぜPPDなのか?

Pixels-Per-Degree (PPD) はVRのピクセル密度を示す最も正直な指標だ。:

  1. PPDはディスプレイサイズのトリックには騙されない。高解像度のディスプレイをより大きなサイズに引き伸ばせば(人間の目にはより粗く見えるようにすれば)、PPDは低下する。
  2. PPDは、光学系が可視ピクセル密度にどのような影響を与えるかを考慮します。最も重要なことは、ヘッドセットの光学系が可視ピクセルをネガティブに(またはポジティブに)歪める場合、これはPPDに適切に反映されます。
PPD 对比图 2

前の画像を見れば、その違いは間違いなくわかる。さらに、PPD(Pixels Per Degree)は、ヘッドセットの設計者にとって、より高いピクセル密度とより広い視野(FOV)の間の選択を指定する素晴らしい方法です。我々は、異なる使用シナリオのために両方のレンズをカスタマイズしました。(CrystalはVR史上初めてレンズ交換に対応したヘッドセットです。)1つは42 PPDで120°のFOV、もう1つは35 PPDで140°のFOVです。したがって、高いPPDを使用すると、FOVが多少犠牲になります(逆も同様)。販売されている主流のヘッドセットのほとんどは、PPDが25~28の間です。

FOV

2: 専用QLED+MINI‐

Crystalのスクリーンパネルは、QLEDとMini-LEDの技術を組み合わせている。QLEDは、従来のOLEDよりも約20%高い色域を実現し、Mini-LEDは、より優れた黒のレンダリングを提供し、より豊かな色とより純粋な黒をもたらします。このデバイスに内蔵されたHDRアルゴリズムは、より正確な色空間と快適なコントラストを可能にし、ビデオ編集者、グラフィック・アーティスト、エンジニア、ゲーマーにとって見逃せない最高のVRヘッドセットとなっている。ワイヤレスモードでも、プロシューマーグレードの高解像度が損なわれることはありません。

屏幕1

3: 瞳孔距離自動調整

Pimax Crystal のIPDは58mm-72mmの範囲で調整可能で、アイトラッキングにより自動的に調整される。その前に...

3.1 IPDは何?

Interpupillary distance (IPD) は、目の瞳孔中心間の距離をミリメートル単位で測定したものです。この測定値は人によって異なり、また、近くのものを見ているか、遠くのものを見ているかによっても異なります。

IPD range survey
出典:ウィキペディア(Military Manual 743Aに基づく1988年の人体測定と2012年の米国陸軍兵士の人体測定による代表データ)。

3.3 なぜIPDを自律的に調整するのか

以前は、プレイヤーが自力で適切なIPDを得るのは容易ではなかった。プレイヤーはまず専用ソフトのギアを使ってIPDを調整し、その後の操作はSteamVRを使ってIPDを調整する必要があった。しかし現在では、アイトラッキングと自動瞳孔距離調整技術により、Crystalは各個人に最適な瞳孔距離に自動調整することができ、簡単に最高のファーストVR体験を得ることができる。これは、Tobiiの視線追跡カメラと、ヘッドセット内部のモーターを使ってIPDを調整するアルゴリズムのおかげです。
auto ipd

4: デュアルモード(PC VR & オールインワンVR)

Pimax初のPCVRオールインワンデュアルモードヘッドセットであるCrystalは、強力なQualcomm XR2とPimaxのカスタマイズされたPCVRエンジンデュアルプロセッサチップを搭載しており、性能面でのリーダーシップを再び確立しました。

4.1 PC VR

プレイヤーは、DPケーブルまたはWIGigワイヤレスレシーバーを使用してPCとヘッドセットを接続し、HMDに画像を転送して表示することができます。PC VRの場合、Crystalはインサイドアウトとアウトサイドインの2種類のトラッキングをサポートします。インサイド・アウト・トラッキングは使用難易度が低く、価格も安価で、追加のアクセサリーを購入することなく使用できる。外向きトラッキングはより正確ですが、ベースステーションやコントローラーなどの追加アクセサリーを購入する必要があります。

tracking

4.2 オールインワン VR

このモードでは、プレイヤーはPCを必要とせず、基本的にCrystalの内蔵チップ「XR2」を使ってVRゲームをプレイする。また、WIFI 6Eを介して、PC上で動作するゲーム映像をワイヤレスでストリーミング再生することも可能だ。
crystal standalone

5: Pimaxカスタムチップ

CrystalはQualcomm XR2とPimaxのカスタムPC VRエンジン・デュアル・プロセッサー・チップを搭載している。このチップはPimax社によって60GHzで動作するようにカスタマイズされている。 WiGigの受信モジュールと送信モジュールを使用することで、従来のDPケーブルの代わりにワイヤレスPC VRを実装することができ、その結果は従来のWi-Fi 6Eワイヤレス伝送よりもはるかに優れている。

企业微信截图 16733365268015