仮想現実におけるFOV(視野)について解説

仮想現実の世界では、FOV (視野) はハイエンド VR ヘッドセットにとって最も重要な仕様の 1 つです。 ここでは、FOV何と、それが VR 体験にどのような影響を与えるかについて説明します。 仮想現実における FOV とは何ですか? FOV とは、特定の瞬間に VR ヘッドセットを通じて観察できる範囲を指します。 
仮想現実におけるFOV(視野)について解説 - Pimax

仮想現実の世界では、FOV (視野) はハイエンド VR ヘッドセットにとって最も重要な仕様の 1 つです。 ここでは、FOV何と、それが VR 体験にどのような影響を与えるかについて説明します。

仮想現実における FOV とは何ですか?

FOV とは、特定の瞬間に VR ヘッドセットを通じて観察できる範囲を指します。 VR ユーザーがヘッドセットを装着したときに見える可視領域を定義します。 視野が広いと、より没入感のある体験が生まれ、本当に仮想環境にいるように感じられます。

VR における FOV の重要性

    1. 没入感
    • リアリズムの強化: より広い視野が人間の自然な視野を反映し、仮想空間での臨場感が高まります。
    • 乗り物酔いの軽減: 視野が広いため、ユーザーは通常、狭い視野に伴う不快感や乗り物酔いを経験する可能性が低くなります。
    2. ユーザーエクスペリエンスへの影響
    • エンゲージメント: 視野が広いほどユーザー エンゲージメントに大きく貢献し、エクスペリエンスがより魅力的で楽しいものになります。
    • 快適性: 視野が広いため、制限感が軽減され、より快適で自然な視聴体験が得られます。

      FOVに影響を与える要因

      1. ハードウェアの制限

      • 光学およびディスプレイ技術: VR ヘッドセットの仕様は、視野に大きな影響を与えます。 高度なレンズとディスプレイ設定により、視野を拡大できます。

      2. ソフトウェアの最適化

      • レンダリング テクノロジー: VR アプリケーションの効率的なレンダリング テクノロジーと最適化により、パフォーマンスに影響を与えることなく FOV が最大化されます。
      • 視野設定: 一部の VR アプリケーションは、個人の好みやハードウェアの機能に合わせて調整可能な視野設定を提供します。

        FOV体験を向上させるのヒント

        1. 適切なハードウェアを選択

        • VR ヘッドセットを調査する: より没入感のある体験を実現するために、より広い FOV 機能のヘッドセットを使います。

        2. 設定の調整

        • 設定の最適化: VR アプリケーションの FOV 設定を、快適さとハードウェアの機能に合わせて調整します。

        3. アップグレード

        • 最新情報を入手: VR テクノロジーが進化するにつれて、新しいヘッドセットは強化された FOV を提供する可能性があります。より没入感のある体験を得るには、アップグレードを検討してください。

          ヘッドセットの FOV を測定するには

          まず、公式ドキュメントを確認してください。VR ヘッドセットのメーカーは通常、製品マニュアルまたは公式 Web サイトで FOV 仕様を提供しています。 この情報は、ヘッドセットの FOV 機能の最初のアイデアを提供します。

          また、ソフトウェア ツールを通じて FOV を使用します。

          これらのツールは通常、レンダリングされた FOV (最大観察可能値) と実際に見える FOV を測定します。

          結論

           

          視野 (FOV) は、VR体験の没入感と快適さを定義する上で重要な役割を果たします。 テクノロジーが進化につれて、ハードとソフトウェアの進歩により限界が押し広げられ、より没入型で現実的な仮想世界がもたらされています。

          没入型 VR の世界にさらに深く飛び込む準備はできましたか? 最新の VR テクノロジーとエクスペリエンスに関するさらなる洞察と最新情報に注目してください。

          Pimaxヘッドセットの FOV

          視野角 (FOV) は、Pimaxヘッドセットを含む光学デバイスの重要な側面です。 Pimax はヘッドセットの最大 FOV を宣伝していますが、場合によっては、ユーザーは宣伝されている FOV と実際の FOV の間に差異を経験することがあります。 このブログでは、Pimax ヘッドセットの視野角が異なる理由と、それに影響を与える要因について説明します。

          FOV は HFOV (水平)、VFOV (垂直)、DFOV (対角) があります。 Pimax では、FOV について話すとき、測定値として DFOV を使用します。したがって、Pimax 8KX の角度は 200°、Pimax Crystal の角度は 140° (35PPD レンズ使用時) になります。

          – HFOV: 水平FOV
          – VFOV: 垂直 FOV
          – DFOV: 対角FOV
            %E8%A7%86%E5%9C%BA%E8%A7%92%E5%88%86%E7%B1%BB

            純粋に数学的な観点から見ると、図から、HFOV はFocal Lengthとセンサー幅 (W) によって決まり、VFOVはFocal Lengthとセンサー高さ (H) によって決まることがわかります。 DFOV は、Focal Length、W、H によって共同で決定されます。

            なぜ?

            ただし、個人差、外部条件、設計および製造上の制限など、FOV 数に影響を与える要因は数多くあります。 これらは Pimax ヘッドセットだけでなく、すべての VR ヘッドセットに影響します。 それぞれの要因を詳しく見てみましょう。

            1: 個人差

            まず、FOV が人によって異なることは否定できません。 レンダリング内容や光学系によっては制限があります。 最大の視野に関しては、目はレンズから最適な距離にある必要がありますが、多くの顔や頭の形状ではこれを達成するのが困難です。 

            2: 外部条件

            また、人間の目の視野は一定ではなく、光の強さや物体までの距離などの外部条件に応じて変化します。したがって、人間の目の FOV をシミュレートするときは、いくつかの仮定とトレードオフを行う必要がある場合があります。

            実際に体験されるFOVは、ユーザーの瞳孔間距離、目とレンズの間の距離、テスト方法などの多くの要因によって異なります。サードパーティ製ツールを使用した個人的なテスト データは、相対的な参考値としてのみ推奨されます。

            Pimax は、100 人以上を対象にヘッドセットの FOV を測定するテストを実施し、Pimax 8KX および Pimax Crystal のプロモーション用 FOV データを取得しました。ただし、個人差や実際の用途に応じて、ユーザーが体感する FOV 数は若干異なる場合があります。 言い換えれば、FOV体験に影響を与える要因は多くあるため、すべてのユーザーが改善された FOV 数値を達成できることを保証するのは困難です。

            3: 設計及び製造制限

            Pimax ヘッドセットの設計および製造中には、解像度、明るさ、コントラスト、光透過率、画像アーティファクト、歪み、均一性など、視野に影響を与えるさまざまな制約があります。 ヘッドセットの目の領域、サイズ、重量、バッテリー、コスト、耐久性などのその他のディスプレイ以外の問題。 さらに、視野の増加により、デバイスのコンピューティング能力と消費電力に対する要件も高くなります。

            結論

            全体として、Pimax の設計は、度当たりのピクセル数や歪みを犠牲にすることなく、より効率的な視野を個々のユーザーに提供します。 FOV を正確に測定して説明することは困難ですが、Pimax のテストとユーザーからのフィードバックによれば、Pimax Crystal は市場で人気のある他のヘッドセットよりも FOV が大きいことが示されています。