Varjo Aero と Pimax Crystal

両方ともレーシングシミュレーター愛好者やフライトシミュレーター愛好者に愛され期待されているハイエンドのVRヘッドセットです。これらのヘッドセットはいくつかの点で非常に似ています。ピクセル数はほぼ同じで、Crystalは片目あたり2880 x 2880、Aeroは目あたり2880 x 2720です。
Varjo Aero と Pimax Crystal - Pimax Japan

両方ともレーシングシミュレーター愛好者やフライトシミュレーター愛好者に愛され期待されているハイエンドのVRヘッドセットです。これらのヘッドセットはいくつかの点で非常に似ています。ピクセル数はほぼ同じで、Crystalは片目あたり2880 x 2880、Aeroは目あたり2880 x 2720です。両方とも非球面レンズを使用していますが、これはほとんどのヘッドセットに見られるフレネルレンズよりもはるかに優れています。ただし、Crystalのレンズはガラス製で、Aeroのレンズは樹脂製です。そして、それだけではありません。Varjo AeroとPimax Crystalのスタッツや視覚的な比較も見てみましょう。

主な違い

明瞭さ

両方とも現在の市場で最もクリアなVRヘッドセットの一つですが、多くのレビューアーがCrystalの映像の方がクリアだと言っています。これにはいくつかの理由があります。

  • CrystalはAeroよりもわずかにピクセル数が多く、目あたり2880 x 2880ピクセル(2880 x 2720と比較して)。

  • 両方とも非球面レンズを持っていますが、Crystalのレンズはより大きく、Aeroの樹脂製のレンズの代わりにガラス製です。ガラスは樹脂よりも透明度が高いため、色の褪せや眩しさなどの画像の歪みが少ないです。これが、Crystalのパネルがユーザーにとってはるかに明るく感じられる理由の一部です。Varjoは150ニット、Crystalは200ニットで評価されています。

  • Crystalにはローカルディミングがあります。ローカルディミングは画面上の暗いエリアを暗くするのを助けるため、色が本当に目立ち、暗いエリアは灰色のバックライトではなく、本当に黒になります。(以下の写真を参照)。

ヘッドセットにローカルディミングを持つことが良い理由

ローカルディミングは、VRディスプレイの異なるエリアやゾーンの明るさと暗さを独立して制御するための液晶ディスプレイの技術です。Crystalには横に24行、縦に24行あり、1枚のパネルに576ゾーン、合計で1152のローカルディミングゾーンがあります。これらは個別に暗くすることができ、従来のパネルではバックライトが暗くすべきゾーンも照らしてしまいます。Crystalではこの設定も調整可能です。

VRでのローカルディミングは良いものです。なぜなら、コントラストを向上させ、没入感を強化し、より深い黒のレベルを提供し、光の漏れを減少させ、エネルギーを節約し、快適性を向上させ目の疲れを減少させるため、VR体験をよりリアルで楽しいものにすることができるからです。

視野角

CrystalはAeroよりもわずかに広い水平視野角(FOV)を持っており、125度対115度です。Crystalはそのパネルが傾斜しているため、少し高い水平FOVを達成しています(Varjo Aeroよりも高いステレオオーバーラップを持っています)。また、Crystalには交換可能なレンズがあるので、今後の大きなFOVレンズを使ってFOVを増やすことができます。これにより、さらに没入感のある体験ができ、周囲を見るのが容易になります。

最も大きな違いは垂直FOVで、多くのユーザーがVarjo Aeroの小さな垂直FOVに気付いています。フライトシミュレーターをプレイするとき、垂直FOVはコックピットの上下のダッシュボードを見るのに役立ちます。

トラッキング

Crystalは位置決めのためにインサイドアウトトラッキングを使用します。4つのカメラがユーザーの位置を追跡します。Varjo Aeroはベースステーションを使用します(CrystalでもオプションのLighthouseフェイスプレートカバーを購入すれば可能です)。ベースステーションは家の壁に取り付ける必要があり、1つ約$199です(そして、ほとんどのユーザーは2つ必要でしょう)。

価格

2023年10月13日現在、Pimax Crystalはコントローラー、トラッキング、統合オーディオを含む$1599の価格となっています。Varjo Aeroは価格が下がり、現在$990(元の$1990から)で、3.5mmオーディオジャックで接続するヘッドフォンも必要です。

ユーザーは、ベースステーション2つ($398)とコントローラー(Valve Indexコントローラーは$279)を別途購入する必要があります。フライトシミュレーターやレーシングシミュレーターを使用したい場合でも、SteamVRをナビゲートするためにコントローラーが必要です。これにより、Aeroの「パッケージ」はオーディオソリューションを考慮しないと$1667*となります。

類似点

ソフトウェアの特徴

  • - 両方のヘッドセットにはアイトラッキングが搭載されており、これにより自動IPDと中心窩レンダリングが可能となります。

  • - 両方のヘッドセットは有線PCVRをサポートしています(ただし、Crystalには無線のスタンドアロンモードがあり、オプションの60G無線がインストールされていれば無線PCVRも可能です)。

  • - 互換性の面では、両方のヘッドセットはLighthouseベースステーションで動作します(Crystalはこれを動作させるためのオプションのLighthouseカバーが必要です。Crystalはインサイドアウトトラッキングを持っているためベースステーションなしでも動作します)。

最も似ている点

  • - 似たようなピクセル量

  • - ベースステーションで動作(CrystalではLighthouseカバーがある場合)

  • - 自動IPD調整と内臓アイトラッキング

  • - 両方とも体と手のトラッキングをサポート(Crystalには手のトラッキングモジュールが必要)

  • - 両方のヘッドセットは、レーシングとフライトシミュレーター愛好者に愛されるハイエンドVRデバイスです。

  • - プロフェッショナルな使用に焦点を当てているため、高い映像の明瞭さとアイトラッキング技術があり、詳細な3Dモデルを表示し操作する必要があるプロフェッショナルのための重要な特徴と、人気のゲームソフトウェアとプラットフォームとの互換性を持っています。

最も異なる点

  • - Crystalには色の彩度が高い(そして、ローカルディミングのおかげで暗部は本当に暗い)と画像の明瞭さが高い

  • - Crystalは特に垂直FOVを含め、大きなFOVを持っています

  • - Crystalにはインサイドアウトトラッキングがあり、位置トラッキングのための外部ベースステーションは不要です

  • - Crystalには交換可能なレンズがあります

  • - 60G無線モジュールでCrystalは無線で動作します

  • - Crystalにはコントローラーが付属しています

  • - Crystalには統合オーディオがあります。

 

  Pimax Crystal Varjo Aero
Device type PCVR + Standalone PCVR
Platform SteamVR + Pimax Store SteamVR
Retail price $1599 with controllers
$990 headset only (no basestations and controllers, no audio)
$1667 [HMD+2 Base Stations+1 pair of controller]
Type of lenses Aspheric (glass) Aspheric (resin)
Pixels (per eye) 2880*2880 2880*2720
FOV (horizontal) 125° (with 35PPD lenses) 115°
Local dimming Yes No
60G wireless module Coming No
Wifi streaming Yes No
Tracking system Inside-out, Outside-in (Lighthouse Outside-in only
Base stations Optional but not required Required
Speakers Integrated No
Max brightness 200 Nits 150 Nits
Max refresh 120 Hz 90Hz
Eye-tracking Yes Yes
Foveated rendering Yes Yes
Auto-IPD Yes Yes
Base stations Optional but not required Required

写真

初期のレビュアーは、aeroよりも高い透明度を持つと述べています。

Lao Fanによる写真比較。

SteamVR HomeでのH-Misakiによるビジュアル比較(左がCrystal、右がAero)。