VR酔いとは何か? 対策するには?

Jasonの体験談

VR酔いが和らぐよう脳を慣らす

VRに初めて触れたときに明確なめまいを感じる人は多いです。これは、VRでは動いているように見えるのに、実際には静止しているためです。これにより、脳は誤った情報を生成し、車や飛行機に乗っているのと同じように、体のシステムが不均衡となり、めまいを感じる原因となります。

以前、私たちは乗り物酔いに関連するいくつかの解決策を提供してきました(以下で詳しく読むことができます)。これには、正しいIPDの設定(Crystalのアイトラッキング機能で自動的かつ正確に調整可能)、フレームレートの増加(60fps以上)、安定した体の動きをすること、扇風機を使うこと、適切な休憩を取ることなどが含まれます。私もVR酔いに困っていますが、こうした方法は私にとって効果があるものの、長時間VRをプレイできない問題を完全に解決するわけではありません。YouTubeユーザーの@SargonDragonの有望そうなアプローチを目にして、それを試すことに決めました。

私が試した方法

VR酔いを克服するために最初にすべきことは、セッションの時間を短縮することです。この時間は、めまいを感じる前であり、どれだけ短い時間であっても、気分が悪くなる前にVRのプレイを止める必要があります。体の症状への反応時間は一貫しているので、7分でめまいを感じ始めたら、5-6分で止めるべきです。30秒しか持たない場合は、どれだけ短くても、一度に20秒間だけVRに滞在するようにしてください。また、セッションの間に長い休憩を取る必要があります。

これは、自分がいるVRの世界が仮想であり実際のものではなく、体が視点とともに動かないことを脳に認識させるためです。したがって、私たちは脳に、私たちがしていることが正常であると思わせる訓練をしなければなりません。VR酔いを克服できたすべてのVRセッションで、私たちは脳にVRは安全で、トラブルを引き起こさないことを思い出させます。成功したセッションが多くなると、耐えられる時間はどんどん長くなります。最終的には、VR酔いを完全に克服し、どんなVRゲームでも自由に楽しむことができるようになります。

@SargonDragoはこの方法を自身で検証し、彼の話によれば、彼も最初はひどいVR酔いがあり、セッションの数分後にはすでにめまいを感じていたと言います。しかし、1~2週間後には、彼のセッション時間は1時間を超え、1ヶ月後にはVR酔いがなくなったと言います。また、この方法を使った彼が知っているすべての人が、最終的に乗り物酔いをなくしたとも言っています。

私が思うこと

VR酔いに悩む私としては、この方法を試してみる価値があると思います。理論的な根拠があり、実際に実施する手順もあり、成功したケースもいくつかあります。私が始めたときは5分しかできませんでしたが、今では問題なく15分できるようになりました。この方法を使い、以前の投稿で言及したヒントと合わせることで、もっと多くの人々がVRゲーミングが提供する楽しみを自由に経験することができるようになるでしょう。

参考

乗り物酔いの簡単な説明

VRゲームをプレイするとき、あなたの視界には実際には存在しないものが映し出されます。他の惑星の谷間を飛び越えているか、世界のどこかのサーキットでレースをしているかもしれません。さらに、これらは非常にリアルな体験でもあります。そのため、あなたの脳はあなたの体が実際に経験していないものを見てしまい、それが乗り物酔いを引き起こすことがあります。

ではバーチャルリアリティでの乗り物酔いとは何か

VR乗り物酔い(シミュレータ酔いやVR酔いとも呼ばれる)は仮想現実(VR)技術を使用する際に、一部の人が経験する吐き気、不快感、めまいを指します。これは、VRヘッドセットを通じて受け取った視覚情報と、体の物理的な動きや感覚入力の間に不一致が生じることで、感覚の対立が生じるために起こります。

VR乗り物酔いの主な原因は、仮想環境で目に映るものと、動きやバランスの面で体が感じるものとの間の不一致です。視覚的な手がかりが体の実際の動きと同期していない動きや加速を示する場合、またはVR体験でカメラの動きが速い場合、それは脳の感覚処理を乱し、乗り物酔いの症状を引き起こすおそれがあります。

乗り物酔いの症状

乗り物酔いになるとどのような感じがするのでしょうか? VR酔いの症状は人によって異なる場合がありますが、一般的な症状には以下のものが含まれます。

吐き気: 吐き気を感じる、不安定に感じる、または嘔吐の衝動
めまい: 頭が軽く感じる、不安定に感じる、または回転する感覚を経験する
汗: 発汗が増加する、べとつく感じ
頭痛: 頭の鈍いまたはズキズキする感覚
疲労:疲れたり、体力が尽きる感じ
目の疲れ:目を酷使する、不快感、または視覚の不快感
方向感覚の喪失:特にVRヘッドセットを外したときに混乱したり、方向感覚が狂ったりする感じ
全般的な不快感:VRを使用している間に不安や不快感を感じること

VR酔いの原因は?

VRの乗り物酔いへの感受性は個人によって異なり、敏感さは人によって様々です。VR酔いは強度や持続時間が異なり、軽度の不快感、吐き気、めまいから、吐き気や失神のような極端な症状までの幅があります。

低フレームレート、高レイテンシ、一般的な視界のぼやけが運動酔いを増加させる可能性があるため、PimaxなどのVRハードウェアメーカーは、フレームレートの最適化、レイテンシの削減、快適設定の実装など、さまざまな技術を通じてVR酔いを最小限に抑えるために常に取り組んでいます。ゲーム開発者もテレポーテーションのような代替移動方法を使用することで、VRの乗り物酔いを減少させることができます。さらに、ユーザーはVRへの露出を段階的に増やす、休憩を取る、VRの設定を調整するなどの戦略を採用して、VR酔いの影響を軽減することができます。

VRゲーム中の吐き気を避けるためのいくつかのヒント

ゆっくりと慎重に、徐々に慣れていくこと

短時間のプレイセッションから始め、VR体験に慣れるにつれてプレイ時間を徐々に伸ばしていきます。吐き気を感じるようなら、無理に長時間プレイしないでください。また、定期的な休憩を取ることも大切です。吐き気を感じたら、一旦休憩して身体を休めましょう。これにより体が回復し、吐き気を軽減することができます。

安定性と動きの自由度

VRゲームをプレイする際は、しっかりとした安定した姿勢を保つようにしましょう。特に吐き気を感じやすい場合は、プレイ中に過度な動きやひねりを避けるようにしましょう。また、座った状態でVRを試すこともできます。これはフライトシムやレーシングシムに特に適しています。

適切な設定でVRを使用する

VRヘッドセットが正しく目に合わせられていることを確認してください。IPDの調整が間違っていると、吐き気の原因となることがあります。また、レンズが清潔であることを確認し、レンズを清潔に保つためのヒントを見つけてください。さらに、VR酔いを防ぐためには最低でも60FPSが必要です。

滑らかに移動できるゲームをプレイする

一部のVRゲームでは、吐き気を引き起こすことなく移動をシミュレートするためにテレポーテーションや他の技術を使用しています。これらのタイプの動きを使用するゲームをプレイしてみてください。レーシングシムやフライトシムをしている場合、ゲーム内で飛行機や車の「中に」いるため、VR酔いが少なくなることもあります。

プレイ中に扇風機を自分に向ける

これは私たちのトップ5のVRのヒントで取り上げられました。 扇風機は見えないかもしれませんが、そこから来る風を感じることができます。これは多くの人々にとって、VR酔いを和らげるのに役立ちます。

移動先に目線を向ける

たとえばレーシングシムをプレイしている場合、コーナーの頂点など、行く先をしっかりと見つめ続けてください。周囲を見ることや横を見ることに時間を費やすことは避けてください。

他の記事では、ガムを噛むことやショウガを食べることも提案されています。VRの吐き気への感受性は人によって異なるので、自分に最も合った戦略を見つけるためにさまざまな方法を試す必要があるかもしれません。


昔の投稿 新しい投稿