Pimax は新製品 Crystal と Portal を日本の東京にてデビュー!世界中のゲーマーの聖地に波紋を起こしました

12 月 18 日(日)から 12 月 21 日(水)まで、Pimax 製品に対する日本ファンの愛に恩返しをするために、Pimax はまだ正式にリリースされていない 2 つの新しい VR3.0 製品を東京で4 日間のロードショーイベントを開催致しました。 Pimax は、革新的な VR 技術によって生み出された没入型体験を、Pimax Portal と Crystal を通じて地元の VR 愛好家、開発者、メディアの著名人に体現して頂きました。その中でも、日本テレビやマイクロソフト社は、Pimaxの製品に対して非常に高い評価を頂けました。

アマタの高橋氏は、「Pimax が引き続き日本市場で活動し、独自の利点を拡大し、プレーヤーにより多くの可能性と期待をもたらすことを願っています」と述べました。

12月22日(木)、Pimax は、有名な VR メディア Mogura VR が主催する XRkaigi に招待されました。展示会で、Pimax 製品は大勢の見物人を魅了致しました。 コンテンツ メーカーより、Pimax Portal についてもっと知りたいという要望を頂き、そして、今後は商品の開発状況がリアルタイムで分かるようになることを希望されました。

競合他社の HTC のスタッフは、「いつも違う製品をみんなに提供できることに驚かされます。私たちは競合他社ですが、日本でより多くの Pimax 製品を目にすることを期待しています。XR ビジネスで一緒に頑張りましょう。」と述べました。

Pimax が 2016 年に日本市場に参入して以来、Pimax は日本人から広く注目されています。 Pimax は独自の特許技術を VR 製品に適用し、Pimax 4K や 8K X などの高精細で大視野角の VR ヘッドマウント ディスプレイを作成し、登場するとすぐに日本で大きな話題を巻き起こしました。 現在、VR はまだ新しいものであり、多くの皆様に VR3.0 の体験をもたらすために、Pimax は革新的なハイブリッド多機能メタバース製品である Pimax Portal を 培ったVR 技術で創造的に製品化致しました。 Pimax Portalは、一般の方々が Pimax を 新たに理解するための窓口として機能し、また、Pimax のさらなる可能性を思い起こさせ、任天堂の wii のデビュー当時の様な期待を思い出させるでしょう。

 

日本は世界中のゲーマーの聖地です。近年, VR ゲームが徐々に人気を博しています。 しかし、どのVR製品もマルチシナリオ アプリケーションのユーザーのニーズを真に満たすことはできず、Pimax Portal はまさにそのようなニーズに適しています。 ハンドヘルド、VR、ポータブル PC、リビング ルーム エンターテイメント センターの 4 つの主要な機能をPimax Portal1台に統合し、Pimaxは新しいエンターテイメント空間を提供致します。ユーザーは、Android ゲーム、VR ゲーム、フィットネス ゲーム、大画面モバイル ゲームなどを 1 つのデバイスで同時に体験できます。 Pimax Kickstarterなど クラウドファンディングに参加しているユーザーのデータからも、日本のユーザーが他の国よりもポータル製品を好むことが分かります。 イベント会場で、Pimax Portal は、RealityのメンバーやAmataの高橋氏を含む出席したユーザーから多くの賞賛と期待を受けました。多くのコンテンツ プロデューサーとエージェントは、Pimax 製品が日本販売で成功すると信じており、また、Pimax とのパートナーシップを確立する意欲を表明されました。  日本テレビとは、1時間近くのインタビューを行い、マルチモード/将来展望/Pimax Store開発などについて理解と期待を頂きました。

 

Pimax Crystal はVR 分野の革新的な技術を搭載し、日本のユーザーにも大きな驚きをもたらしました。Crystal は Pimax 初の PC VR であり、オールインワンのデュアルモード ヘッドセットでもあり、ユーザーに自然な「視覚的没入感」、「物理的没入」と自己「認知的没入」は、VR3.0 技術基準の究極の没入体験を満たしています。5760 x 2880 ピクセル (片目あたり 2880 x 2880 ピクセル) の包括的な解像度と最大 160Hz のリフレッシュ レートを提供でき、QLED とミニ LED の 2 つの画面を備えて高精細を実現しています。 さらに重要なことは、Crystal は、VR の歴史上初めてレンズ交換に対応した製品です。
ユーザーはレンズを交換することで、鮮明度と視野を調整し、さまざまなシナリオでの PPD と FOV の差別化された要件を満たすことができます。画像の端から端まで画像の歪みなしで、最大 42PPD のピクセル密度を達成できます。このパラメーターは、これまでに知られている消費者グレードの VR ヘッドセットで達成された最高の角度解像度でもあります.

有名なシミュレーター レーシング ドライバーのピカー チャネル氏は、次のように述べています「私たちは、Pimax の熱狂的な支持者として、他のシミュレーション アクセサリとのバンドルなどで、Pimax と手を組みたいと考えています。Pimax は、レーシング シミュレーションの分野で絶対的存在であると信じて、引き続き強みを発揮できることを願っています。 私たちはPimax を引き続きサポートし、Pimax が新たな高みに到達することを期待しています。」

 

多くのユーザーより、「これまでにない体験、いつ購入できますか」とお言葉を頂きました。
Microsoft のある従業員は次のように述べています「Crystal は私に大きな衝撃を与えました。Microsoft は、Pimax のコンパチできなかったことが残念で、今後は、より多くの人がこの究極の作品を体験できるように、pimax のサポートを提供したいと考えています。」

日本でのロードショーイベントを通じて、Pimax はファンや開発者から友好的な提案や革新的なアイデアを受け取りました。Pimax は将来、これらの提案に従って Portal と Crystal を改善して参ります。

 

詳細については、pimax.com をご覧ください。

ビデオ:


昔の投稿 新しい投稿