おすすめの名作VR映画 (2023)

VR映画は、視聴者が完全に没入し、対話的な方法で物語を体験できる比較的新しいエンターテイメント形態です。従来の映画とは異なり、VR映画はVRヘッドセットを通して体験されるように設計されており、視聴者は環境を探索し、物語のキャラクターと対話することができます。さらに、重要なポイントとしてVR技術は経験豊富な映画クリエイターの手によって強力なストーリーテリングツールとなることが挙げられます。これは比較的新しい芸術形態でありながら、近年ではすでにいくつかの信じられないほど没入型の映画がVRヘッドセットでリリースされています。

また、VR映画制作はまだ比較的新しい分野であり、アマチュアやプロのクリエイターが解決しようとしてる課題もあります。それでも、ストーリーテリングにおいてユニークな手段を提供するため、VR映画は今後数年で注目すべき分野となっています。

具体的なVR映画制作スタジオとしては、すでにOculus Story Studio、Penrose Studios、Baobab Studios、Within、Felix & Paul Studios、Kite & Lightningがあり、これらはすべて今後も高品質のVR映画やVR体験を提供し続けることが期待されます。さらに、このメディアがより人気を博し、利用しやすくなるにつれて、新しいスタジオが登場し、既存のスタジオがVRのラインナップを拡大する可能性もあります。

名作VR映画についての具体的なお勧めについては、最終的に個人の好みによるためこれといった答えを出すのは難しいですが、好評を博した人気のVR映画がいくつかあります。それらの紹介の前に、VR映画の制作技術や重要な特徴について少し認識を深めてましょう。

VR映画はどのように制作されるか?

VR映画制作はまだ比較的新しい分野ですが、クリエイターがVRでストーリーを生き生きとさせるために使用できるいくつかのツールと手法があります。

VR映画を作る際に考慮すべき最も重要な点の一つは、そのメディアの独特の性質です。従来の映画とは異なり、VR映画では視聴者が環境や物語のキャラクターと対話することができます。これには、周りを見回すことから、環境と対話し、物語の結果を変えることまで様々です。それはゲームになりつつあります。これは、クリエイターが視聴者にどのように物語を体験してもらいたいのか、どのような対話を許可したいのかを慎重に考える必要があることを意味します。

もう一つの重要な考慮すべきことは、VR映画を作成するために使用される技術です。VRでストーリーを生き生きとさせるのに役立つツールがありますが、その中には以下のものがあります。

Unity

Unityは、VR体験を作成するために使用できる人気のゲームエンジンです。没入型で対話型の世界を構築するのに役立つ多くのツールと機能を提供しています。

Unreal Engine

Unreal Engineも、VR体験を作成するために使われる人気のゲームエンジンです。リアルで魅力的な環境を作成するのに役立つ高度なグラフィックスと物理機能を提供しています。

Quill

Quillは、Oculus Story StudioによるDear Angelicaのビジュアルを作成するために使用されたVRペイント・アニメーションツールです。アーティストは手描きのVRシーンとキャラクターを作成することができ、これによって映画にユニークで夢のような品質を与えることができます。

Maya

Mayaは、VR映画のアセットを作成するために使用できる3Dモデリング・アニメーションツールです。クリエイターがアイデアを具現化するのに役立つ多くの機能とプラグインを提供しています。

これらのツールに加えて、クリエイターはVR映画のハードウェア要件も考慮する必要があります。VR映画は通常、スムーズに動作するために高性能のVRヘッドセットと強力なコンピューターが必要です。クリエイターはまた、VR映画をどのように配信するか、どのプラットフォームを対象とするかも考慮する必要があります。

全体として、VR映画を作るには独特のスキルセットとツールが必要です。しかし、ストーリーテリングにおいてユニークな手段を提供するため、探究するには興味深い分野です。もしVR映画制作に興味があるなら、上で述べたツールや手法で実験を始め、あなたの創造性がどこに導くかを見ることをお勧めします。

優れたVR映画の特徴

現在のVR映画制作の状況に基づいて、VR映画に関して視聴者が何に重きを置いているのかを正確に言うのは難しいですが、VRが没入型のストーリーテリングにおいてユニークな手段を提供することを考慮すると、従来の映画よりも没入型で対話型の方法で物語を体験することへの関心が高いと言えるでしょう。VR映画に関して重視される可能性のある主要な要素には以下のようなものがあります。

没入感

VR映画は、視聴者をまったく新しい世界に誘い、従来の映画よりもより没入しやすい方法で物語を体験させるポテンシャルを秘めています。これは、より主体的で対話型の映画視聴体験を求める人々にとって大きな魅力となる可能性があります。

対話性

VR映画はまた、従来の映画では匹敵しないレベルの対話性を提供することもできます。例えば、視聴者は物語の結果に影響を与える選択をすることができたり、環境をより対話的な方法で探索することができるかもしれません。

ストーリーテリング

VR映画の背後にある技術は確かに印象的ですが、最終的にはストーリーテリングの質がVR映画が成功するかどうかを決定するでしょう。そのため、人々は魅力的で感情的に響く物語を提供するVR映画に惹かれる可能性が高いです。

おすすめ作品

–Marco and Polo Go Round

「ドタバタ始まってドタバタ終わる毎日なんてもううんざりさ。」――マルコ

今日はマルコの32歳の誕生日で、昨夜寝る前に彼女のポロと口論を終えたばかりなので、少し疲れて目を覚ます。彼はキッチンに歩いて行き、テーブルの上にポロが特別に彼のために作った誕生日ケーキを見つける。ポロとの会話の中で、すべてが異常になり、皿、ナイフ、テーブル、椅子――それらが一つずつ天井に飛び上がり、屋根すら飛び出してしまう。家全体の重力が変わってしまったようだ…。

「Marco and Polo Go Round」は、カナダ・モントリオールのItem 7 Film Productionsが初めて手がけたVR作品です。この映画は、カップルの関係が崩壊する様子を重力のない空間に抽象化するために、シュールな要素を使用しています。マルコとポロの関係はどこへ向かうのでしょうか?

2021年公開のこの作品は、トライベッカ映画祭で上映され、人気を集めました。

上映時間:12分

視聴方法:
https://store.steampowered.com/app/1826490/Marco__Polo_Go_Round/


–Paper Birds

「音楽は世界をつなぐ架け橋だ。たとえ見えない場所でも空間を切り開くことができるのだから。音楽には創造と破壊の力がある。」

「Paper Birds」の主人公は、Totoという名前の近視の子供で、普通の子供の視力の20%しかありませんが、バンドのアコーディオンでは天才です。毎朝、早起きして練習をします。彼は人混みよりも音楽のほうが好きです。

彼は姉がいつもとても騒がしいと思っており、いつも彼女と口論をしていますが、姉が誰かに連れ去られたとき、彼は何としてでも彼女を取り戻そうとします。姉を探しに行く途中で、彼は深いピアノの音で未知の世界への道を開きます。

ほとんどのVRを球状のスクリーンとしてストーリーを提示するナラティブ作品とは異なり、「Paper Birds」はそのストーリーテリングとナラティブのアプローチでVRメディアの三次元空間表現を効果的に活用しています。この作品は同時に異なるシーンでの平行なナラティブ表現の可能性を見事に示し、それを画面角度とシーン遷移の完璧なミックスで融合させ、目を引く体験にしています。物語の世界に没頭しながら、物理的なインタラクション、シーンでの探索、画面上で特殊効果を作り出すためのジェスチャートラッキングといった全ての要素が観客を魔法の世界に没頭させます。

「Paper Birds」は3Dar、Baobab Studio、およびOculusの共同制作であり、3Darの前作Gloomy Eyesと多くの類似点があります。ストーリーは暗い世界で展開し、シーンは360度の動きで提示され、観客はシーンに応じて体を動かす必要があります。驚くべきことに、Paper Birdsはゲームでも単なるナラティブでもありません。この気まぐれなVR映画は、ジョイスティックのコントロールを省き、代わりに手のインタラクションを使用して、訪問者を未知の領域に導くイメージをレンダリングします。

上映時間:30分

視聴方法:
https://store.steampowered.com/app/1752810/PAPER_BIRDS/


– Allumette

「Allumetteは美しい仮想世界でキャラクターの存在感が際立つVR映画だ」―― Road to VR

「Allumette」は、雲の上の都市に住むAllumetteという名前の少女の物語を描いたVR映画で、これはハンス・クリスチャン・アンデルセンの「マッチ売りの少女」にほんのりと触発されています。この映画の監督はEugene Chungで、没入型で対話型の体験を作成する専門のVRコンテンツスタジオであるPenrose Studiosによって制作されました。

「Allumette」のユニークな側面の一つは、映画全体が視聴者が探索できるミニチュアの都市で繰り広げられることです。映画は、従来のアニメーション技術とVR技術の組み合わせを使用して制作され、映画に独特の外観と感触を与えています。また、作曲家Austin Wintoryによる美しいスコアも特徴です。

「Allumette」は2016年に公開され、広く評価を受けました。映画は2016年のヴェネツィア映画祭で最優秀VR体験賞を受賞し、優れたオリジナルインタラクティブプログラムとしてエミー賞にもノミネートされました。

上映時間:20分

視聴方法:
https://store.steampowered.com/app/460850/Allumette/


– Invasion!

「体験が終わった後も、自分に毛皮があるという感覚が残る。」(視聴者はVR内でウサギとして行動する)―― NY Times

「Invasion!(侵略!)」は、地球を侵略してその惑星を支配しようとするエイリアンたちの物語を描いたVR映画です。この映画の監督はEric Darnellで、没入型で対話型の体験を作成する専門のVRコンテンツスタジオであるBaobab Studiosによって制作されました。

「Invasion!」のユニークな側面の一つは、視聴者が物語の中で役割を果たすことです。エイリアンが地球を侵略すると、視聴者はエイリアンの宇宙船に転送され、物語の中のキャラクターになります。また、映画の声優を務めるEthan HawkeとElizabeth Banksの才能も光ります。

「Invasion!」は2016年に公開され、広く評価を受けました。映画は2016年のカンヌ映画祭で最優秀VR体験賞を受賞し、優れたオリジナルインタラクティブプログラムとしてエミー賞にノミネートされました。

上映時間:6分
視聴方法:
https://store.steampowered.com/app/503630/INVASION/


– The Rose and I

「君のためなら何でもするよ。どれだけ高くても、空の星に触れるまで…」

「The Rose and I(薔薇と私)」は、魔法の薔薇と友達になる少年の物語を描いたVR映画で、これはサン・テグジュペリの「星の王子さま」の第七章に触発されています。この章は、少年と薔薇の初対面の興奮に焦点を当てており、薔薇は、サン・テグジュペリと彼のスペイン人の妻との激しい恋愛関係を象徴していると言われています。この映画の監督はEugene Chungで、没入型で対話型の体験を作成する専門のVRコンテンツスタジオであるPenrose Studiosによって制作されました。

「The Rose and I」のユニークな側面の一つは、視聴者が物語の環境とキャラクターと対話できることです。例えば、視聴者は薔薇に水をやって成長する様子を見ることができたり、少年とキャッチボールをすることができます。また、作曲家Scot Staffordによる美しいスコアも映画の特徴です。

「The Rose and I」は2016年に公開され、広く評価を受けました。映画は2016年のUnity Vision Summitで最優秀VR体験賞を受賞し、優れたオリジナルインタラクティブプログラムとしてエミー賞にノミネートされました。

上映時間:5分
視聴方法:
https://store.steampowered.com/app/396060/The_Rose_and_I/


–The Passengers

「物語の進行に影響を与えるのは、あなたの言葉、視線、手のジェスチャー」

「The Passengers(乗客たち)」は、ケベックの映画監督Ziad Toumaに近い実際の経験に触発されています。数年前、彼の同僚2人がジュネーブ行きの列車に乗っていて、周りの乗客とおしゃべりをして、何かを学びました。この経験が「The Passengers」の初期のアイデアとなりました。列車での時間は、忙しい現代人が自分自身と向き合う数少ない時間の一つかもしれません。

視聴者は、体験の最初に4人の主要なキャラクターのうちの一人を選ぶことができ(妊娠の準備を考えている女性、勇気を持って愛を追求できない男性、アルツハイマー病になる高齢の男性、離婚した両親を持つ子供)そのキャラクターの人生の一部を旅の途中で体験し、本当に彼らの深い願望と考えを語ります。選ばれた役割によって、見るストーリーは異なります。この体験はまた、参加者の視線追跡を取り入れており、観客が異なる場所を見ると、表示される記憶も異なるでしょう。

上映時間:10分
視聴方法:
https://store.steampowered.com/app/2258060/The_Passengers/


–The Great C by Kite & Lightning

「クレアは、婚約者を持つ若い女性で、厳格な社会のルールを受け入れるか、それを生み出した抑圧的な権力に対抗するかを決定しなければならない。」

「The Great C」は、Great Cとして知られる強力な機械が人類を支配する、ポストアポカリプスの世界での物語を描いたVR映画です。この映画の監督は、Kite & Lightningの共同創設者であるJohn Likensで、そのスタジオによって制作されました。

「The Great C」のユニークな側面の一つは、視聴者が物語の環境とキャラクターと対話できることです。例えば、視聴者は世界の廃墟を探索し、出会うキャラクターと対話することができます。また作曲家Jeremy Turnerによる美しいスコアも映画の特徴です。

「The Great C」は2018年に公開され、広く評価を受けました。映画は2018年のRaindance Film Festivalで最優秀VR体験賞を受賞し、いくつかの他の賞にもノミネートされました。

上映時間:30分強

視聴方法:
https://store.steampowered.com/app/841460/The_Great_C/


–The Invisible Hours by Tequila Works

「プレイヤーは、謎を解明するために、いつどこにいるべきかを慎重に決めなければなりません。」

「The Invisible Hours(インビジブル・アワーズ)」は、ヴィクトリアン様式の邸宅で起きる殺人ミステリーの物語を描いたVR映画です。この映画の監督は、Raul Rubio Munarrizで、没入型で対話型の体験を作成する専門のビデオゲーム開発スタジオであるTequila Worksによって制作されました。

「The Invisible Hours」のユニークな側面の一つは、視聴者が邸宅を探索し、殺人ミステリーを解決しようとするさまざまなキャラクターを追いかけることができる点です。また、映画は非線形のナラティブを採用しており、これは視聴者が追いかけるキャラクターによって、物語が異なる形で展開することを意味します。

「The Invisible Hours」は2017年に公開され、2018年のRaindance Film Festivalでの最優秀VR体験賞や、2018年のSXSW Gaming Awardsでの最優秀インタラクティブストーリーテリング賞などいくつかの賞にノミネートされました。

上映時間:メインストーリー他に20分

視聴方法:
https://store.steampowered.com/app/582560/The_Invisible_Hours/


– Dear Angelica

「親愛なるアンジェリカ、あなたは本当に素晴らしい女優でした。でも、あなたが作った映画は、ただの物語ではありませんでした。」

「Dear Angelica(親愛なるアンジェリカ)」は、亡くなった母、アンジェリカに手紙を書いている若い女性、ジェシカの物語を描いたVR映画です。この映画の監督はSaschka Unseldで、VR映画と体験を作成するために設立されたOculus VRの部門であるOculus Story Studioによって制作されました。

「Dear Angelica」のユニークな側面の一つは、映画全体がVRで手描きされていることです。アーティストたちはQuillと呼ばれるツールを使用して映画のビジュアルを作成し、これによって映画には夢のような質感が与えられています。また、映画の声優を務めるMae WhitmanとGeena Davisの才能も光ります。

「Dear Angelica」は2017年に公開され、広く評価を受けました。映画は2017年のサンダンス映画祭で最優秀VR体験賞を受賞し、優れたオリジナルインタラクティブプログラムとしてエミー賞にノミネートされました。

上映時間:13分


他のVR映画プラットフォーム

Google SpotlightDeoもチェックしてみてください。どちらも多くのVR映画を選ぶことができます。

まとめ

技術の急速な進展とVRストーリーテリングへの関心が高まる中、今後数年でさらなる成長と革新が続く可能性が高いと言えます。

こうした映画を観たり体験をしたりするための最適なVRヘッドセットについては、好みと予算に依存するので、よく調べて自分に適したものを見つけることが重要です。ここで、私たちのPimax Crystalをご紹介させてください。これは、消費者向けVRヘッドセットの中で最も高いピクセル数を持ち、画像品質を向上させるための多くの機能が詰まっています。QLEDとMini-LEDパネルによるリアルなグラフィックスと、鮮やかな色彩のためのローカル調光があります。また、より大きな視野角(FOV)のために交換可能な本物のガラスレンズも備えており、PCVRとスタンドアローンモードにも対応しています。いつか今後のブログで、VR映画を観るための最適なVRヘッドセットについて詳しく共有するかもしれません。

つまりVR映画を楽しむには良い選択という訳です。お時間をいただきありがとうございます。さようなら、次のブログでお会いしましょう!


昔の投稿 新しい投稿